クマの戯言

不定期・ノージャンルで日々感じた事を書き綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緊急です、日本人の方はご一読を!

特集第9回 『中国での国防動員法』と『日本での中国人個人観光ビザ発給要件大幅緩和』7月1日同時施行 (2010.05.31~)
【2010年7月1日】中国人ビザ緩和&中国国防動員法【Xデー】



7月1日 中国国防動員法 日本個人観光ビザ緩和の方針 同時施行


『チャイナ・ハザード 201X』予告編 詳細は 中国人観光ビザ緩和(国防動員法)の正体 をご覧ください。

2010年7月1日に同時に施行される中国国防動員法と観光ビザの緩和。日本の治安を大きく揺るがすであろう、2つの政策が同時に施行される。

中国で施行される国防動員法とは 有事の際に「全国民が祖国を防衛し侵略に抵抗する」ため、金融機関、陸・海・空の交通輸送手段、港湾施設、報道やインターネット、郵便、建設、水利、民生用核関連施設、医療、食糧、貿易など各部門を管制下におき、これら物的・人的資源を徴用できる内容だ。戦争になった場合、民間の航空機や港湾、列車、漁船、商業船を徴用し、軍事物資や兵員を輸送。あらゆる民間の経済力を後方支援と位置づけ、戦略物資を生産し、民間企業の技術者を動員することなどが念頭にある。
国防動員委員会総合弁公室の主任、白自興少将は記者会見で「民間企業は、戦略物資の準備と徴用に対する義務と責任がある」と指摘した上で、「外資、合弁企業も国防動員の生産を担うことができる」と述べた。中国系以外の企業の生産ラインや資産が同法の対象とならないとは言い切れないようだ。

簡単にいうと、国防法とは、中国に何か起こった場合には、
・中国国内の全財産没収&世界中の中国人の財産没収
・外資系の全財産没収
・全中国人に兵役を課す
・海外の中国人も、兵隊として、活動が始まる
・場合によっては、世界の中国人が、そこで、決起する
つまり、中国が、沖縄侵攻を決定するや、日本国内にいる、全中国人が、日本人大虐殺の為、兵隊として、決起するということです。
上海バブルがはじけた場合も、中国人、海外にいる中国人、中国の外資系会社の財産没収。もちろん、中国に進出している日本の企業、日本人の全財産も没収。

これと同時に日本で行われるのが中国人観光ビザ緩和。
今までは富裕層に限られていたものを大幅に発給要件を緩和して中間層にも拡大する方針だ。政府は中国人の観光客を大幅に増やして日本経済活性化や消費拡大に繋がると謳っており、長所しか考えていない。観光庁も観光客を増やすことで頭がいっぱいだ。しかし、問題は以下の通り山積みだ。
・発給対象が1600万世帯、約4億人にのぼる。『移民一千万人計画』どころの騒ぎではない。法的に日本人全人口を越えて中国人が観光客として日本に来ることが可能なのだ。
・中国人の大半は南京大虐殺などの徹底された捏造反日教育を受けており、日本人に対して嫌悪感を抱いている。
・中国人の半数が「結核の保菌者」であり、日本国内に持ち込まれ、伝染病が蔓延する危険性がある。また中国国内ではエイズに似た病が流行っている。
・中国人観光客による万引き、強盗、強姦などの犯罪で日本の治安が悪化することが懸念される。
・中国人観光客の何割かは祖国に帰らず、不法就労や不法滞在などに悪用される。または中国による本格的な人口侵略の始まりともいえる。
・観光ビザでどんどん中国人が押し寄せてきて、いずれは日本列島にいる日本人と中国人の人口が逆転してしまうと言っても過言ではない。

大至急、外務省(最終決定機関)や警視庁(防犯の砦)に反対意見(ハガキ、手紙、メール、FAX、電話)を要請して抗議してください。抗議先一覧
それから、日本侵略ということがどうしても信用できない方には、中国の国防動員法と同時に施行されること、中国人の半数は結核保有者であること、中国人は反日教育を受けていること、外国人犯罪ワースト1位は中国人-犯罪発生率は日本人の14倍だという事実だけでも伝えてください。






http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1.html

↑本当はサイトの特定が出来るようなタグは載せたくないのですが、こちらから併せて動画も確認出来るため、
周知活動として載せておきます。
載せたくない理由としては、不当な圧力による動画の削除や、サイトへの破壊・妨害工作等を懸念するためです。
真実に近づきたい方は、自分で疑問に思う事をネットで検索すれば、おそらくマスゴミがTVで流している内容とは違う記事・動画などに出会えるはずです。
実のところ、おいらがチェックしているページを皆様に紹介したいとずっと思っているのですが、
ネットまで真実への道を閉ざされてしまうと、本当に真実は闇に葬られます。

ネットで確認しなければ、どのTV番組が危険なのか、どの新聞・雑誌が危険なのか、分からなくなってきています。木を隠すなら森。嘘を隠すなら真実に。そうすれば、いつかは真実も誰からも信じてもらえなくなる。


思い出して下さい。ルーピーのお陰で、「マニュフェスト」という言葉の持つ重みはたった数ヶ月で0(ゼロ)のなってしまいました。ミンスのマニュフェストは当然ながら、自民党の政党公約の信用も失わせることに成功したといっても過言ではないでしょう。

7月1日は本当にもうそこです。おそらく「上海万博」の終了が一つのトリガーになりそうなきな臭さがありますが、それまでに下準備をするには十分な時間があります。








もはや普天間がどうこう言っている事さえ、真実への煙幕のように感じる。



スポンサーサイト
  1. 2010/06/25(金) 01:13:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<失意の日本 | ホーム | スパイ総理が>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kumapoo0930.blog109.fc2.com/tb.php/170-14d5d20c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くまぷぅ36

Author:くまぷぅ36
39歳独身♂舞台裏方

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。