クマの戯言

不定期・ノージャンルで日々感じた事を書き綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ケント紙でシャックルを作る~その3

前回で、シャックルの基となる、ケント紙製の丸棒が出来ました。
いよいよ、シャックルの形に加工していきます。


9、取り付ける部分を、ピンセットやペンチなどで、ペッチャンコにつぶしてしまいます。
 必要な長さに切り出して、反対側も(向きが一致するように)潰してしまいます。
肩シャックル11

10、寸法に気をつけて、ほぼ90度(正確である必要はそんなにないと思いますが、90度以上切り過ぎると妙な隙間が空いて、きちんとボンド付けが出来なくなります)、棒の半分よりちょっとだけ多めに切り取ってしまいます。
肩シャックル12

11、切り込みを入れた個所、そして、本体との接点になる場所(工程9で潰した個所)にボンドをつけ、直角に曲げて、形にしていきます。
肩シャックル13

12、作業しながら、撮影が出来ないため、いきなりの完成www
 「コ」の字になった部品を本体に貼りつけます。接着が出来たら、潰した個所に、ボルト用に丸く切り出したパーツを貼り付けたら、完成です。
肩シャックル14


今製作中の「装甲騎兵ボトムズ」のスコープドッグの肩のシャックルの完成です。

おいらは、ペーパークラフトには、固めな紙(ケント紙やマーメード等)を使用していますが、一般的なNTラシャでも同じ方法で作れるのではないかと思います。
NTラシャの場合、紙が当然ケントに比べ薄くなるため、巻く量は増えますが、紙が薄い故に綺麗に丸められるのでは…とも思います。

いずれにせよ、細い丸い棒や、ガンダムなどで見受けられる動力パイプのような3次曲線の立体物は、その細さゆえ、ペーパークラフトではどう処理するかが悩みどころです。

丸めて棒、ってのはあんまりスタイリッシュではないのですが、直径3mm程度の棒を作るなら、こんなやり方もいいのかと…。張り合わせまくりの削り出し、ってことまでやってしまうと、やり過ぎだと思っちゃいますがwww

以上、「ケント紙でシャックルを作る」でした。





スポンサーサイト
  1. 2012/05/14(月) 20:19:57|
  2. ペーパークラフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライフルのシャックルを作る | ホーム | ケント紙でシャックルを作る~その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kumapoo0930.blog109.fc2.com/tb.php/249-5f8ec058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くまぷぅ36

Author:くまぷぅ36
39歳独身♂舞台裏方

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。